FC2ブログ

札幌@整体かえる堂★意見には個人差があります。

札幌市中央区にある「整体かえる堂」です。身体の話を中心にちょっとしたコラムを公開しています。

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

時間

天体観測は、進化を遂げ宇宙から星を観測するようになっています。
それが、「ハッブル宇宙望遠鏡」です。
今までの地上からの観測だと大気のゆらぎの関係で見えにくい状態だったそうですが、この「ハッブル」によって観測の幅が格段に広がったそうです。

宇宙が生まれて137億年と言われています。それは、ビックバンが起こって膨張し始めたのが137億年前ということです。
宇宙は、137億年後の今現在も膨張を続けています。

星の距離をあらわす単位に光年があります。今見えている星たちの光は今現在の光ではなく、過去に放った光が何年もの時間をかけて地球に到達しているということです。
例えば、超新星爆発するかもしれないと噂されるオリオン座のベテルギウスは、640光年ですので、もし超新星爆発が起これば640年後に光が到達するので、今爆発を観測したとしても実は640年前にすでに爆発していたということになります。つまり、宇宙にはタイムラグがあり今現在我々が感じている時間軸とは当然違うということです。

ハッブル宇宙望遠鏡によって観測できる距離が格段に進化し、現在、131億光年までの観測に成功したようです。
この先、更に精度を上げれば137億光年の宇宙の果てを観測することになるでしょう。
その時に、観測する光は過去の光ですので、逆に言えば宇宙の果ての状態は永遠に過去のまま存在し続けるということになります。
日常を普通にこの地球上で過ごしている我々にとって時間は物凄いスピードで過去になってしまいますし、過去はこの地球上には存在できないのですが、宇宙には時間軸が距離として感じる為に過去は永遠に存在することができるということなんです。

アインシュタインが提唱したタイムマシン理論は、宇宙の時間軸と地球の時間軸との差位によって生まれているようです。
つまり、地球の時間軸は常識で考えられているよりも遥かに曖昧で、ただ単に人類共通の幻想によって成立しているものなのかもしれません。

ただ、だからと言って、過去がいつまでも存在し続けるという状況もちょっと考えものです。
過去の失敗とか過去の栄光などに囚われるのはこれから迎える未来に悪い影響を及ぼしかねません。
確実に言えることは、過去が過ぎて行くものだから未来に対する前向きな気持ちにもなれるという側面を無視できないという事です。
今という刹那の概念があるから人類は、ワクワクする気持ちが生まれるという仕組みになっているような気がします。
それは、未来が全くわからないから「今を全力で生きるしかない」という真理を表現しているのかもしれません。



さて、この続きは、また次の機会に…。



整体かえる堂
〒060-0061
札幌市中央区南1条西15丁目1-319
シャトールレーブ302(space1-15)
営業時間;12時~24時まで
【完全予約制】
当日受付は19時まで
月曜定休

クリックお願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト
  • [No Tag]

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。